2015年11月05日

転勤族持ち家賃貸のお金にできる裏技!

転勤族の方はいつも引っ越し、会社から言われればそこに留まる事が難しくなります。
私は不動産会社に勤務しているので分譲などを変えず結局賃貸という方がたくさんいるのを知っています。

ただ逆にそういった方におすすめしている方法もあります。
それは転勤族の持ち家賃貸の裏技です。

裏わざというと大げさですが知っていたほうが得でしょう。
持ち家を賃貸に出すと言う方法です。

ただその事を知っていてもやり方を知らない人もいるでしょう。
どこの会社が良いの?
なんて疑問も持つでしょう。

しかし全国的に有名な転勤留守宅賃貸の会社は数社しかありません。
その中で一番有名な転勤族の賃貸専門業者の名前は「リロケーション」。
不動産屋をやっている人ならほとんどの人が知っています。

そこのサイトに行ってクリックし自分の住所などを入れると査定してもらえます。
もちろん数ヶ月の短期でも交渉に乗ってくれるので賃借人が見つかれば賃貸料が入ってきます。

誰にも貸さず空き家にしておくよりお金が入ってくるようにすれば相当の臨時収入になる事は間違いないでしょう。
こちらがリロケーションのサイトです。↓
posted by 分譲転勤持ち家マンション貸す at 17:13| Comment(0) | 日記

2014年04月20日

転勤が決まった後の分譲持ち家、マンションはどうする?

せっかく分譲をかったのに転勤が決まってしまってしまったという方もいると思います。
そんな時にどうすれば良いのでしょう?



最近多くの転勤族が利用している方法があります。
自分の持ち家(分譲マンションや戸建て)を賃貸に出すという事です。


しかし賃貸に出したときに汚されてしまうから嫌だという方もいます。
また「転勤から帰ってきたときにすぐに出て行ってもらえるのか?」

などなど様々な不安があるでしょう。
賃貸に出した時のQ&Aを答える前に「賃貸に出す流れ」を説明します。

1.転勤する方、専門の賃貸業者にお願いする。

2.定期借家という期間限定の賃貸で募集する。

3.入居者が決まったら敷金と礼金を取って入居させる。

4.転勤から返ってくる2年後に明け渡してもらう。

5.預かっていた敷金で部屋をクリーニングする。

6.転勤から戻る。


という流れになります。
ですから「部屋はきれい」に戻ってきます。
入居者に過失がある場合はその分も当然敷金から差し引いて修繕する事も可能です。

定期借家契約は、1年でも2年でも5年でも構いません。
ただ、この期間が過ぎたら出て行ってもらう事ができる契約です。
中には半年という方もいます。

↓こちらが最大手の短期貸し専門の不動産屋「リロケーション」です。


最後にメリット!

固定資産税や都市計画税、マンションの方は管理費、ローン支払などをまかなえる。
分譲マンションを賃貸に出すと人気があり、良い賃料で貸す事ができます。
都内なら20万〜30万、神奈川県でも15万円程度の家賃を取っている人は多いです。

個人的にはすごくおすすめな方法ですが、持ち家に人が入るのは気持ち悪いという方はやめておいた方が良いでしょう。
ただ大体15万以上も払える人というのは、ちゃんとした会社に勤めていて広い部屋を好んでいるという事から、家族で入居する人がほとんどでしょう。
おかしな人が入居する事の方が珍しいです。
posted by 分譲転勤持ち家マンション貸す at 17:35| Comment(0) | 日記